スポンサーリンク

舞茸ダイエットはなぜ痩せる?どんな成分に効果があるの?

健康

舞茸は、美味しく食べて健康的に痩せたい女性の強い味方です。舞茸ダイエットは、忍耐や努力や高額の出費とは無縁の方法です。舞茸は他のキノコとどう成分が違うのか?検証してみました。

なぜ舞茸がダイエットにいいの?

なぜキノコダイエットではなく、舞茸ダイエットなのか?それはダイエットによい舞茸だけが持つ成分に秘密があります。

まず、キノコ類全般に言えることとして食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維が腸内の老廃物排出や便秘解消に効果的な点も、ダイエットに有利に働く理由の一つです。さらに、舞茸だけに含まれる「MXフラクション」という成分があり、これがダイエット効果を高めるといわれています。

これは栄養学的にはベータグルカンという不溶性の多糖類のことで、なかでも舞茸に含まれている多糖類を「MXフラクション」という別名で呼ぶそうです。

舞茸の栄養成分

100gあたりわずか約16kcalと低カロリーにもかかわらず栄養価の高い舞茸は、まさにダイエットの切り札といえます。

利尿作用がありむくみの解消に役立つカリウム、肌や髪の健康を保つ亜鉛、骨の健康をサポートするビタミンD、胃腸障害や総合失調症の緩和に効果があるナイアシン、便秘解消に不可欠な食物繊維、美容と健康を促進させるアミノ酸が豊富です。

その他、免疫力アップや抗ガンの効果に優れた成分も含まれています。

舞茸に含まれるMXフラクションという成分は舞茸特有のもので、他の食品には含まれていません。MXフラクションの効能は中性脂肪や血体内の液中の悪玉コレステロールの分解を促進させることにあります。

これにより代謝が上がり、体内に蓄積された内臓脂肪を減らし、脂肪を溜め込まない痩せやすい体質を作り上げることができるといわれています。

つまり、この点が他のキノコ類との大きな違いというわけです。

舞茸はダイエットをサポートする

舞茸ダイエットが支持されている理由は、その簡単さと続けやすさにもあります。
その方法は毎日30~50gの舞茸を食べるだけです。通常の食生活の中に、舞茸料理を組み込めばいいだけなのです。

置き換えダイエットなどとは異なり、体への負担や精神的ストレスもないので安心です。しかも30~50gといえば、約1/2パック。簡単に消費できてしまう量です。

舞茸をたくさん食べると早く痩せる?

舞茸をたくさん食べれば、その分高いダイエット効果が得られるわけではありません。

1日で多くても150g程度に抑えておきましょう。
食べ過ぎると下痢を引き起こしたり、アレルギー反応を出したりするリスクがあるため要注意です。いくら栄養価が高いとはいえ、舞茸だけを食べるのでは、栄養バランスが崩れてしまいます。

できるだけ多い品目を体内に摂り込むようにするのが賢明です。

舞茸ダイエット 成功する食べ方は?

 舞茸を調理した煮汁もすべて食べる

舞茸に含まれる栄養素の多くは水溶性なので、水洗いをすると溶け出して失われてしまうリスクがあります。ほこりなどが気になる時は、布巾などで軽くふくなどして、洗わず調理するのがベストです。

つまり、舞茸を入れた鍋のだし汁や味噌汁にこそ、舞茸の栄養分が凝縮されているのです。これを捨ててしまっては台無しです。

 高温で長時間調理しないこと

煮てよし、焼いてよし、揚げてよしと、どんな調理法にも適している舞茸ですが、MXフラクションは高熱に弱い性質があり、130℃以上で長時間調理すると分解されてしまいます。
さすがに生で食すのには不向きですが、舞茸特有の優れた食感を保つためにも、さっと熱を通す程度が理想的です。

以上の点を考慮すると、炊き込みご飯、味噌汁、鍋料理後の雑炊など、煮汁と一緒に食べられる調理方法がオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました