スポンサーリンク

紫外線の種類と正しい防ぎ方

美容と健康

紫外線とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。波長の長さによって、UV-A(A紫外線)、UV-B(B紫外線)、UV-C(C紫外線)に分けることができます。これからますます強くなる紫外線の肌への影響や対策などをまとめてみました。

紫外線の肌への影響

UV-CとUV-Bの一部はオゾン層などの大気層が防いでくれるので、UV-AとUV-Bの一部を私たちは浴びていることになります。紫外線は日やけやシミの原因となるだけでなく、炎症を起こさせたり、肌の老化を加速させたりするので注意が必要です。

UV-A

雲や窓ガラスを透過して肌の奥、真皮まで到達します。
生活紫外線とも呼ばれ、シミ以外にしわやたるみの原因になります。

UV-B

屋外での日焼けの原因はUV-Bです。大量に浴びると肌が赤くなったりします。
レジャー紫外線とも呼ばれ、シミ以外にそばかすや乾燥の原因になります。

SPFとPAって何を表しているの?

SPFは「Sun Protection Factor」の略で、UV-Bを防ぐ効果を表す数値です。この数値が高いほど、肌が赤く炎症を起こすのを防ぐ効果が高いといえます。

PAは「Protection Graid of UVA」の略で、UV-Aを防ぐ効果を表す目安です。+が多いほど、肌の黒化や、弾力を失わせることを防ぎます。PAは現在4段階に区別されていますので、日やけ止めを選ぶときはよく見てみましょう。

曇りなら気にしなくて大丈夫なの?

勘違いしやすいところなのですが、紫外線はUV-A、UV-Bに関わらず一年中降り注いでいます。曇りの日も晴れの日の半分以上の紫外線を浴びてしまいます。天気が悪くても油断しないようにしましょう。

紫外線の影響でなりやすい病気は?

影響がでやすいところはどこでしょうか

皮膚

紫外線によって引き起こされる病気として、有名なのが、皮膚がんです。
皮膚がんは紫外線のB波によって、肌の免疫力が弱くなってしまう事が原因となり、発生してしまうと言われています。

肌のケアは万全にしていても、怠りがちなのが目。目だって紫外線の危機に晒されているんです。その中でも紫外線によって引き起こされると言われているのが白内障です。
白内障は黒目が白く混濁して、見えにくくなる病気です。

紫外線対策はどのようにすればいいのか

肌だけでなく目にも影響を与える紫外線。外出時は徹底的な紫外線対策をしてください。

・日焼け止めを塗って長そで長ズボンを着用し、日傘をさす。
・サングラスを必ずかけるようにする。
・日焼け止めは肌に優しいSPF30程度のものを、2~3時間おきに塗りなおすのが効果的。

紫外線対策、怠らずにしっかりしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました