スポンサーリンク

今夜は”ブルームーン”、お財布フリフリして金運upしませんか?

その他

”今夜は満月。でも今日見られる満月はいつもより少し特別なんです。それは、見ると幸せが訪れる!?と言われている”ブルームーン”なんです。

今月は2日も満月だったので、今夜は3月で2回目の満月となります。このようにひと月で満月が2回あるとき、2回目の満月を“ブルームーン”と呼ぶことがあります。

また満月の日にお財布をフリフリすると金運がupするといわれています。フリフリする正しい方法もお知らせしますね。

ブルームーンの由来は?

ブルームーンという言葉は、天文の分野で正式に使われるものではなく、そのため定義ははっきりしていません。そして、見た目も通常の満月と変わって見えるところはありません。
では、なぜ月に2回目の満月をブルームーンと呼ぶようになったのでしょうか?

ブルームーンとは本来青く見える月をさす言葉で、火山の噴火や隕石の落下時に発生するガスや塵などの化学物質の影響により 本当に月が青く見える様子をそう呼んでいました。

こうした現象は極めて珍しい現象であることから北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

近年になってからは多くのアーティスト達によって流行歌の一節として使われるようになったり、印象的でムードあふれるカクテル の名前や美しい花の名前としても使われることが多くなって来ています。

1989年〜2018年までの30年間でひと月に2回満月があるのは、今月も含めると14回になります。平均するとブルームーンは2〜3年に1度しか見られないことになり、その珍しさから世界では「ブルームーンを見ると幸運が訪れる」と言われているところもあるようです。

次にブルームーンが見られるのは2020年の10月(2日・31日)になります。

満月の日の金運アップ方法!お財布フリフリとは?

満月=月が満ちることを意味するので、満月の日はお金が貯まる日とも言われています。
月が満ちるという事は、月のパワーは最大って事ですね。

満月の日のパワーを神秘の月のパワーを、お財布いっぱいにため込むことで、お財布をお金で満タンにしてくれます。

その方法は簡単です。満月の日に、お財布を空っぽにします。

お財布の中に入っているクレジットカードや銀行のカード、お金、そしてレシートなどもすべて取り出します。すべて取り出した上で、満月に向かってお財布を振るだけです。

お財布をフリフリする際の注意事項

フリフリする時には、必ず「お金をたくさん運んできてくれてありがとうございました」と、完了形で願うことです。そうする事で、本当にお金が舞い込んでくるようになります。

お財布を空っぽにすることでお財布を綺麗に浄化し、お金を引き寄せるという事です。

お財布ふりふりの時間帯は?

お財布フリフリの時間帯は、満月の24時間前から24時間後までが良いとされています。

満月の日の夜、満月に向かってお財布をフリフリすれば大丈夫なので、月齢カレンダーをチェックしておくとよいでしょう。

天気が悪くて、満月が見えなかったとしても、満月の日であれば月からのパワーは受け取れますので、問題ありません。雲に隠れてるだけなので、パワーに違いは無いためです。

ボイドタイムのお財布フリフリはNG!!

ボイドタイムという「魔の刻」と呼ばれる時間帯があります。

ボイドタイムとは、月がどこの惑星ともつながらない時間帯の事を指し、この時間帯は月からのエネルギーが遮断される時間帯として知られています。

ボイドタイムに始めた事は、長く続かなかったり、失敗したりすると言われています。

お財布フリフリも、間違ってボイドタイムには絶対にしないように、気を付けましょう。

 

お財布は、お金の家なのです。家は、居心地がよくないと、長くいたいと思いませんよね?

そのため、満月の日に定期的にお財布の中を綺麗にしてあげるという効果も、お財布フリフリにはあるのです。いらないレシートを処分し、ポイントカードもいるものといらないものに振り分けることで、お財布もスッキリします。

綺麗な居心地のよいお財布の家にして、お金がいつでもいたいと思う環境を作ることで、お金が仲間を連れて戻ってきてくれます。

月のパワーと、お財布が綺麗になって浄化されたパワーと合わせて、金運アップができるというのが真実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました